bar Harry's Blog.

下高井戸のbar Harry'sのブログです
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 唯 | main | 振り向いてみただけの >>
# 遥か彼方へ行ってきます


外に出られない今日この頃、家にいながらにして遥か彼方へと行ってみましょう。古代ローマに行った、という妄想です。


といってもローマ史は長いので、だいたいいつ頃に行くかというと、やはりかの英雄、ユリウス・カエサルがいる時代が良いと思われます。


まず、僕自身が、スブッラ(都心に近い庶民の住宅街)で生まれ、カエサルとは幼馴染という設定、カエサル同様、プラプラ遊びながら大人になって、ローマ市内にBARをオープンする。カエサルは酒を飲まないが、付き合いで店に来てくれる。ブラッディシーザーのウォッカ抜きを振る舞う。


カエサルが政治活動をし始めたら、僕もそれに加わる、と言いたいところだが、民衆派のカエサルの敵にあたる元老院派のスッラが生きているうちには、店を構えている以上、殺されたくないし大人しくリベラルな立場を示す。


そしてカエサルが傭兵をやって各地を転々とした後、スッラが亡くなってローマに帰還したその時に彼と合流し、そこから政治活動に参加する。スッラはいないがまだまだローマを牛耳っているのは元老院派だから、店を開けていても気が気でない。 


カエサルが再びローマをおわれ、大学へ行く旨を決め、実際に大学に通った後ローマに戻ってきたら再会。弁護士になったカエサルに便乗して僕も弁護士まがいなことをする。そして、かのキケロと弁論合戦をする! そして打ち勝つ! 普通に考えればキケロには勝てないが、大いなるハンデ、そう、僕は未来からきた未来人なのだ。キケロの弁論集を読んで予習バッチリ、勝てる。



それから色々あった挙句、僕もカエサルのガリア遠征に同行し、ルビコン川を一緒に渡る。




とまあこんな具合で妄想しています 笑



皆様も、たまにはこんな感じで妄想旅行に行かれてはいかがでしょうか?




どちらかというとギリシャ人よりの男・飯吉





| comments(0) | - | 17:39 | category: - |
コメント
コメントする









Selected Entry
Categories
Archives
Mobile
qrcode
bar Harry's
バー・ハリーズ
京王線 下高井戸駅から徒歩5分

ホームページはこちら
http://www.bar-harrys.com/
Search this site
Sponsored Links