bar Harry's Blog.

下高井戸のbar Harry'sのブログです
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 蘇る駄文、暇すぎる人以外読むの厳禁 | main | 母の日 >>
# アーレント


飯吉です。最近カミュが流行っていることに便乗しましてね、私は流行るその前から、カミュいいよ、カミュいいよ、と言い続けてきたと、そういうスタンスでカミュのことをこのブログにアップしてきましたけどね・・・・・・・。



今日はカミュについてではなくて、写真のその人、ハンナ・アーレントというオバ様(その写真は本人ではなく映画化された時の女優)についてです。カミュが流行って、その次に流行るのはこのアーレントというオバ様であると、飯吉は言いたいんですけれども、流行らなかったその時は、お前は馬鹿野郎だと言いに来て下さい、レイに。



あまり、ディープな話題には触れませんが、今、世界は未曾有の事態に直面し、いろいろと今までとは変わってしまうんだろうな、と考えている方々も多いことと存じます。それに伴い、アーレントの思想に目を向けるのは頗る有意義であると、私は断言します。断言しますけれどもただ、有意義だから流行る、というのは根拠薄弱なので、多分流行りはしないでしょう。


前のブログでも触れましたが、私が勝手に「暴き系」と呼んでいる、真実を暴くタイプの学者です。だからファンなんですよ私は。


知って得する、タイプではなくて、知った後、それは皆様の問題ですから、皆様が考えて下さいよ、と、読者を突き放すような感じがこのアーレントというオバ様にもあるのです。答えなんてない、一生悩み続けろ! と、背中を引っ叩いてくれる、古き良き母の像のようなものがある思想家、にもかかわらず、その分析は怜悧極まるものです。そのギャップがいいのかもしれません。


今こそアーレントを読み返してみてはいかがでしょう?


飯吉










| comments(0) | - | 03:57 | category: - |
コメント
コメントする









Selected Entry
Categories
Archives
Mobile
qrcode
bar Harry's
バー・ハリーズ
京王線 下高井戸駅から徒歩5分

ホームページはこちら
http://www.bar-harrys.com/
Search this site
Sponsored Links